学院長ご挨拶/教員紹介

ご挨拶

理事長兼学院長のメッセージ

医療法人 髙寿会
近畿リハビリテーション学院
理事長兼学院長(医師)

髙津 悟

単独専科の有利性を活かし、全力で質の高い理学療法士を育成します。

理学療法士は、いま最も人気のある医療専門職の一つであります。この職業は患者さんや障がいのある方の生活機能を高め、「生活の質(Quality Of Life)」の改善・向上に貢献できるスペシャリストです。
いわば、人の幸せに関する重要な職業であり、医療・福祉先進国で高く評価されている職業であります。

現在、理学療法士は保健・医療ならびに福祉、さらにはスポーツ障がい領域のスペシャリストとして、あるいは大学や専門学校の教育・研究のスペシャリストとして期待されています。しかし、その人員はまだまだ不足しているのが現状です。

本学院の教育方針は、単に理学療法士の資格を取得するだけの量的な育成ではなく、より質の高い専門性を追求したスペシャリストを育成したいと考えております。

また、多くの医療専門職の中で、理学療法士のみの単独専科としている有利性を活かし、教職員一同全力を挙げて社会の要望に応える人材を養成したいと思います。あなたに優しさとやる気があれば一度この理学療法士にチャレンジしてみてください。きっと3年間であなた自身、人間としてまた専門技術者として大きく成長することでしょう。

また、理学療法士として病名や障がい名で患者さんに接するのではなく、一人の人間としてその人と接することのできる、いわば人間味のある全人的な接し方のできる人材を私どもは育成したいと考えています。

医療法人 髙寿会
近畿リハビリテーション学院
理事長兼学院長(医師)

髙津 悟

近畿リハ教員からのメッセージ

アットホームな環境で、人間性豊かな理学療法士を目指しませんか?

こどもからお年寄りまで、理学療法士は幅広い年代の方々と接する機会が多い職業です。活躍は医療や介護、福祉の分野だけにとどまらず、スポーツ分野や障害予防、自立支援など、様々な分野で活躍が期待されています。

当学院は理学療法学科だけの単科の学校です。少人数で学生と教員との距離が近く、気軽に質問しやすい環境となっていますので、アットホームな雰囲気で学習をサポートすることができます。

3年間の学校生活を通して、理学療法士として必要な知識や技術だけでなく、対象者の人生に寄り添えるような、人間性豊かな理学療法士を私たちと一緒に目指しましょう。

専任教員紹介

理学療法士になる上で重要なことは、1人の社会人として成長することだと思います。学校の先生や同級生と沢山話をして、人の考えを知り、自他の違いを認めながら、自分にはどのような強みや苦手なことがあるのかを学んでほしいです。明確な目標をたてることで毎日の習慣は変わってきます。諦めないでチャレンジしてください。夢は必ず叶います!

趣味:海釣り フットサル 近リハは学生との距離感を大事にしており、日々の勉強や臨床実習、国家試験対策などの様々な場面において手厚くサポートしております。私が母校の先生方から熱量高く教わってきたように患者さんにより良い理学療法を提供する為の「根拠」を大切にした指導を心掛けています!

趣味:旅行 写真  私たちの使命は、明日の理学療法士としてあなたを育てることです。各個人が持つ無限の可能性を信じ、科学的根拠に基づいた実践的なスキルと知識を提供することに尽力します。一緒に、健康と福祉の未来を担う理学療法士への道を始めましょう。

趣味:弓道・ラーメン屋巡り 病気や障害を持った人が少しずつ回復していく過程の中で笑顔を取り戻していく姿に憧れ、理学療法士を目指しました。一人でも多く同じ志を持った学生の力になれるよう、ともに楽しく、ともに学び、ともに成長する教育を目指しています。また自分自身が就労しながら学生時代を過ごした経験を活かして、学生に還元できるよう日々奮闘中です。

修士(リハビリテーション科学)

趣味:カフェ巡り・旅行・韓国が好きです! 学生時代は、中枢神経系の分野に苦手意識を持つ人が多く、私自身も学生時代はその一人でした。しかし、中枢神経疾患のリハビリテーションには無限の可能性があり、患者さまの日常生活への復帰には、必ず理学療法士の力が必要だと感じています。一人でも多くの学生に中枢神経系の分野を好きになってもらい、患者さまの力になれる未来の理学療法士を育てられるように、わかりやすい講義をしていきたいと思います。

趣味:マウンテンバイク・ゴルフ・登山  自身が麻痺などの障害を負った経験から、人の人生に関わる素晴らしい職業だと感銘を受け、理学療法士になりました。学生時代に学んだ患者様や勉学との向き合いかたが、今でも私の礎となっています。当学院でも、学生達が理学療法士として成長し続けられるように、患者様やそのご家族の生活と真摯に向き合えるように、真のリハビリテーションを伝えていきたいと思います。