学校案内

  • HOME
  • > 学校案内

学校案内

教育理念

リハビリテーションとは患者さんや障がいのある方の生活機能を改善し、その質(Quality of life:QOL)を高めることが大きな目的であり、理学療法士はそれを遂行する重要な役割を担っています。

  • 高い倫理観を持ち、人に優しく且つ人から信頼される理学療法士を養成する。
  • 高い知識・技術に基づき適確な判断と迅速な行動で臨床に対応できる理学療法士を養成する。
  • 地域社会から国際社会まで即戦力として貢献できる理学療法士を養成する。
  • 創意工夫に富み専門領域における研究ならびに教育に邁進できる理学療法士を養成する。

理学療法士を養成する基本方針

図:理学療法士を養成する基本方針

教育 臨床を視野に入れた専門教育を徹底し、卒業後は実習指導員として後輩を指導・育成できるよう、医療人・社会人の基本を構築する。
研究 理学療法的知識・技術の発展のため、絶えず疑問や課題を持ち、その解決に向けて常に挑戦していけるよう、研究の基本を構築する。
臨床 患者様や障がいのある方に最高の理学療法が提供できるよう、臨床の基本を構築する。

リハビリテーションの役割

生活機能(=人間らしく生きるための日常生活の機能)に障がいのある方の、機能改善・向上をサポートすることが目標です。

図:リハビリテーションの役割

理事長のメッセージ

単独専科の有利性を活かし、全力で質の高い理学療法士を育成します。

医療法人 髙寿会 近畿リハビリテーション学院 理事長(医師)髙津  悟

理学療法士は、いま最も人気のある医療専門職の一つであります。この職業は患者さんや障がいのある方の生活機能を高め、「生活の質(Quality of life)」の改善・向上に貢献できるスペシャリストです。
いわば、人の幸せに関する重要な職業であり、医療・福祉先進国で高く評価されている職業であります。

現在、理学療法士は保健・医療ならびに福祉、さらにはスポーツ障がい領域のスペシャリストとして、あるいは大学や専門学校の教育・研究のスペシャリストとして期待されています。しかし、その人員はまだまだ不足しているのが現状です。

本学院の教育方針は、単に理学療法士の資格を取得するだけの量的な育成ではなく、より質の高い専門性を追求したスペシャリストを育成したいと考えております。

また、多くの医療専門職の中で、理学療法士のみの単独専科としている有利性を活かし、教職員一同全力を挙げて社会の要望に応える人材を養成したいと思います。あなたに優しさとやる気があれば一度この理学療法士にチャレンジしてみてください。きっと3年間であなた自身、人間としてまた専門技術者として大きく成長することでしょう。

また、理学療法士として病名や障がい名で患者さんに接するのではなく、一人の人間としてその人と接することのできる、いわば人間味のある全人的な接し方のできる人材を私どもは育成したいと考えています。

  • 資料請求
  • 春のオープンキャンパス
  • 資格・就職
  • 募集要項
  • 学費・奨学金
  • 先輩・教員紹介
  • 施設・設備
  • カリキュラム
  • AOエントリーフォーム

在校生の方へ

  • 各種証明書の発行について
  • 登校許可証明書について
  • 電話によるお問い合わせ
  • 電話によるお問い合わせ

ページの先頭へ